うたばか 〜合唱人的日常生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 滝の音を聞きに・・・

<<   作成日時 : 2011/10/27 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は仕事がお休みだったものの、ちと大阪の方に出る用事がありました。
その用事が3時過ぎに終わったので、せっかくなのでもう一足伸ばすことにしました。

行き先は滝ともみじ(の天ぷら)と猿で有名な箕面。
電車でここに行くには阪急宝塚線の石橋駅から箕面線に乗り換えて終点まで乗る必要があるのですが、筆者はこの路線に乗ったことがなかったので、これを機会に乗りつぶしてしまおうと思ったのです。

平日の午後とはいえ、学校帰りの児童、生徒が多いこともあって、途中駅が2つしかない路線のわりにはなかなかの賑わいでした。
これが紅葉のオンシーズンの休日の午前中とかだったらすさまじい混み方なんだろうなぁ、なんて思いながら揺られていました。

そう。
まだ紅葉のシーズンにはほど遠かったのです。

箕面川のせせらぎを挟んで立ち並ぶ木々は楓などの落葉樹がやはり大半を占め、あと2週間ほどすればまさに錦繍の美しさとなるであろうことは容易に想像できましたが、現状ではいずれの木々も青々とした葉を茂らせていました。
それはそれで美しかったんですけどね。

駅から土産物屋さんなどが並ぶ通りを進んで行くと瀧安寺の脇を通る形で登山道に。
と言っても、舗装された綺麗な道で、街灯まで整備されているんですけどね。
しかし山道には違いないわけで、なかなかのアップダウンでした。
まぁ、ひたすら上り(下り)ばかりというのよりは足への負担が小さくて助かりました。

基本的に1本道なのですが、途中に「望海台」というビュースポットへの分岐があり、名前に惹かれて寄ってみたものの、かなり急な階段が380段続くという、案外にハードな道のりでした。
たどり着いた頂上からは確かに遠く海まで見渡せて、疲れも吹き飛びましたけどね。

380段の階段を下りて今度は滝の方へ。
残り2kmという表示があったので楽観視していたのですが、アップダウンと紆余曲折のある山道だけに思ったより時間がかかり、たどり着くのが早いか日没が早いかという、時間との戦いになりました。

結果はなんとか日没前に滝に到達。
目の前で見る瀑布は予想以上に迫力があり、周囲の風景と溶け合って非常に美しかったです。
わざわざ足を運んだ甲斐がありました。
特に間近で聞く音には静かな感動を覚えました。

帰りは先述の通り街灯があったりところどころに土産物屋さんがあったりしたおかげで、特に怖い思いをすることなくあっさり下山できました。
猿の鳴き声は時折響いてましたけどね。

そんなわけで思いがけずいい運動と気分転換ができた1日となりましたが、今度は紅葉の季節に、友人たちと、時間に余裕をもって(笑)行きたいものです。
もみじの天ぷらも食べ損ねましたしね。

また行かなければいけないところが1つ増えちゃったなぁ(^^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
滝の音を聞きに・・・ うたばか 〜合唱人的日常生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる