アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
文化の日はマンガの日
タイトルで言い切ってしまってますが、本日11月3日は「文化の日」であると同時に「マンガの日」でもあるそうです。 "漫画は日本文化を代表するものの1つである"という趣旨でこの日が選ばれたとのこと。 そして偶然か必然か、今日は漫画界の巨匠たちの誕生日でもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/03 10:47
最近読んだ本たち
以前に「最近古本屋によく通っている」ということを書きましたが、その後さらに蔵書が増えました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/14 21:14
ご無沙汰しております
気がつけば1ヶ月以上放りっぱなしでした。 ネタが無かったわけではないのですが、どうも春先は気分が乗らないことが多いもので…。 気分が乗ったときにはぼちぼち更新していきますので、今後ともよろしくお願い致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/03/29 14:38
寒い夜には熱い本を…
立春から既に10日以上経ちましたが、今朝は自転車のサドルが凍りつくほどの冷え込みでした。 今週はとにかく冷える日が多かったです。 水曜日などは、自転車の鍵穴や後輪ブレーキの隙間に入り込んだ雪が凍結してしまい、ポットのお湯をかけてなんとか対処する、ということもありました(おかげでバイトに数分遅刻するはめに…)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/16 14:30
『ローカル線ガールズ』
突然ですが、えちぜん鉄道という私鉄をご存知でしょうか? 京福電鉄の福井県内の路線が相次いだ事故のために休止された際、地元住民を中心とした嘆願活動を受けて、第3セクター線として復活した鉄道なのですが、 地方私鉄にしては極めて異例なことに、右肩上がりに旅客取扱数が伸び続けているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/30 23:47
本日のブックマーク
安楽のなかで無為放縦に生きることなど人間に何ら高貴さを加えない。 安楽が意味を持つのは、それが人間の戦う力を養うときだけだ。 安楽は戦いの変型としてのみ意味を持つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 00:57
千客万来の日に一冊を買う
今朝のヤマザキショップ新町同志社前店は千客万来。いつになく忙しい日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/29 16:35
本屋の店先にて
今日本屋さんで「創世記」の英、独、仏、伊、西語訳&イラストレーション、という本を見つけたのですが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/11 19:48
転んでもただでは起きぬ
昨日はパソコンを修理に出すためにわざわざ四条寺町まで自転車で行ってきたわけですが、そのまま帰るのもアホらしかったので、ついでにいろいろ寄ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/02 19:20
2月は逃げる
「一月行く、二月逃ぐ、三月去る」などと申しますが、 気がつけば2月も最終日となっていました。 月日の経つのは早いものです。 ついこないだお正月を迎えたような気がするのですが(苦笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/28 13:15
ジャケ買い?
先日発売になった『L magazine』(←京阪神の情報誌)4月号を、本日購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/26 16:11
読書の冬
一昨日は出勤まで時間があったので、好天に誘われて自転車でふらりと出かけることに。 行き先を決めずにとりあえず東へ向かっていたら、百万遍の学生街に到着。 “京都でも特に古書店が多いエリアにせっかく辿り着いたのだから”と、一軒のお店に入ることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/09 15:52
京都に潜む謎のストリート
一昨日は珍しく1日フリーだったので、自転車に乗ってフラフラしてきました。 といっても行き先を全く決めないのもなんだったので、最近某知人のサイトを見て知ったとある商店街に行くことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/02 01:24
読書すすんでます
昨日の北風と明け方の雨で一気に冷え込んだ今日この頃。 寒さにあまり強くない筆者は、せっかくの好天だというのに本の虫となっております。 先日の古本祭りで購入した本のうち、既に4冊を読破し、1冊は2分の1ほどまで読み終わりました。 その中で特に印象に残ったものについて少々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/08 16:01
読書の秋は古本市へ
今日はYK練習はなし。 なので、京都に来て以来行ってみたかった、知恩寺での「古本まつり」を初訪問してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/05 19:26
最近の愛読書
井沢元彦氏の『逆説の日本史』9、10巻(文庫版)を最近よく読んでいます。 この間帰省した際に帰りの車内で読もうと思って購入したのですが、 3日掛かりで読了し、現在2周目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/13 18:51
ほりだしもの
昨日(あ、もう一昨日か)、たまには買い物でもしようと思って(←あら珍しい!>自分)、 しばらくぶりに三条の十字屋(もはや「JEUGIA」の表記の方が一般的?)に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/12 01:19
青い空といえば・・・
本日(というか昨日)発売の週刊モーニング。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/11 01:02
久しぶりに、衝動買い
一昨日、BK練習の前に30分ほど時間があったので、 寺町二条上るの「三月書房」に立ち寄りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/17 22:49
人生を変えた1冊(そのに)
ま、正確には1冊ではとても収まらない書物なのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/01 15:36
今日買った本(そのいち)
筆者が田中芳樹先生とならんで好きな作家が宮城谷昌光先生です。 宮城谷氏といえば古代中国を舞台に時代を必死に生き抜く男たちの姿を描いた作品の数々で知られています。 その「字」へのこだわりの徹底ぶりは有名ですが、文章自体に難渋なところはなくすらすらと読めてしまいます。 かといって単純なわけでは決してなく、深い史料の読み込みに裏付けられた簡にして要を得たその文章には、高い香気のようなものを感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/10 02:32
人生を変えた1冊(そのいち)
筆者はK市にある大学で歴史学を学んでいる(いた?)のですが、 歴史学なんぞというカネにならない(苦笑)学問を専攻することを志したのは とある小説にはまってしまったためでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/09 23:22

トップへ | みんなの「本」ブログ

うたばか 〜合唱人的日常生活〜 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる